港で船を眺めながらのひまつぶし


暇な時間が1時間以上あると、必ずしたくなるのが「釣り」です。
私の場合、海釣りをしに行きます。
海と言っも砂浜や海釣り公園ではなく、港へ行きます。

港には大きな船や漁船も出入りしますので、目には楽しい光景ですよ!

私の場合は港が車で15分程度のところにあるので、思い立ったらすぐに出かけられます。
ドライブも楽しみながら…というときには車で40分以上離れた港へ行くことも…。(結構釣りバカかも…)

こう書いてあると、「本格的な釣りをするの?」と思われるかもしれませんが、釣り道具は、子供用「初めての釣りセット」(笑)
でも、これが意外とバカにできません!1セットあれば魚を釣るには十分な内容!
竿はもちろん、ウキ、ウキ止め、おもり、投げ用おもり、針(数本)または仕掛け、リール(もちろん釣り糸付き)、これらがケースに入って釣具屋さんに売ってます。(釣具屋さんで扱っているメーカーや、目的によりセット内容は一部変わります。)

あとは釣った魚を入れる物(クーラーボックスがおすすめ。中にはふた付きバケツや、その場でさばいて袋に入れるなんてツワモノも…)
海水を汲むためのひも付きバケツ(釣具屋さんで売ってます)
忘れてはいけないのは「エサ」ですね。「疑似餌」と呼ばれる魚やミミズを模した道具もあります。
「サビキ」と呼ばれる仕掛けもあり、糸の途中にいくつかエビに似せた疑似餌のついた針があるものがあります。
これはアジやサッパ狙いに最適です。

最初はお金がかかりますが、1セット揃えてしまえばあとはエサ代のみで楽しめます。

仕掛けのセットの仕方は、「釣りセット」の中に説明書があり、それを見ながら作業すればOK!この時、針には十分気を付けてください。

さあ、道具を持っていざ「暇つぶしの釣り」へ!!

エサを付けた竿(または疑似餌を仕掛けた竿)を海に向かってぶんと振り、魚が掛かるまでぼけ~と海を眺めましょう!
(一応言っておきますが、リールのロックを外してから投げてくださいね。そうでないと糸は落ちていきません。)

遠くをゆっくり動く船。忙しそうに往来する漁船。カモメが魚をゲットする姿。バッチャンバッチャンはねる魚たち。
…ああ、なんて素敵な暇つぶし…。
なんて言ってる間に、竿に異変が!竿先が上下にビビっと!?
引き上げてみるとお魚が…!?…なんてこともあります。

釣りに限らず、海には心を癒す効果があるのでしょうか?
ただ眺めに行くのもまた一興かと思います。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?